味噌開きと懐かしいレシピ

休み中に、書類の整理をしていたら、最初にマクロビオティックを習ってた頃、1988年〜 手書きのレシピが出てきました。CI協会の田中愛子先生の手書きも出てきて懐かしい💖
1989.6月 お献立
大根ご飯、いかだ牛蒡、道明寺蕎麦、キャベツ重ね蒸し、冷菓子葛ポン、青菜白和え
初心に戻り、先生方のレシピをまた作りたいと思いました💖

今年のお盆は旧暦も同じ15日で満月でしたので、冬至の満月に仕込んだ味噌を開きました。陶器のカメに麦味噌、プラスチックのエンバランス容器には米味噌を仕込みました。

エンバランスの方は、全く酸膜酵母もついておらずきれいなお味噌で、陶器は表面には、少しだけ白いところがありますが、下は大丈夫でした。

どちらも美味しい味噌になり嬉しいです!

仕込む時に、前年の味噌と酒粕を混ぜたのを、フタがわりにのせていたので、取り除きました。熟成が進みやすくてしかもカビにくいので助かります!

また次回の味噌仕込みにフタとして使用しても良いし、野菜の味噌漬けにも使うつもりです。

 

いったん、混ぜてから、今日から使う分は別容器に取り分けて、残りの味噌には経木をかぶせて再び、寝かせます。
以上、ご参考になれば嬉しいです。皆様のお味噌はいかがですか?味噌自慢お待ちしてますよー(^o^)

 

9月からの教室でこの味噌を使いまーす!