ずっと使える基本の野菜料理 福岡 太宰府のマクロビ・和薬膳の料理教室
2021-01-13

冬の土用のすごし方。

1月7日より4日間ほど九州にしてはかなりの大雪で外出もできませんでした。
でも大好きな料理を作って、ついでに冷蔵庫の断捨離!普段から作ってみたかった料理のレシピ作り。などキッチンに楽しく立ち続けています😆
でも、もし食材がなくなっても米、梅干し、味噌があれば元気にしていられるとも思います。
今月に予定していたママとベビーの幸せランチ会は、最近の状況を考えて中止にしたいと思います。
今年は3月16日から改めてスタートしますので宜しくお願いしますね!
寒の入りから立春までは、冬の土用期間でもあり、胃腸の疲れが免疫力低下、冷え性などの悪化により感染症にかかりやすく、高齢者は脳溢血などの危険もある1年の内、最も厳しい時期ですので、なるべく、おうちで暖かくして、マクロビ基本食をおススメします!
基本は、
玄米、発芽玄米、はい芽米などの主食に、味噌汁、乾物利用の煮物、漬け物など、一汁一菜シンプルご飯です。
冬の土用は、黒豆、小豆、ひじきなどの腎系を補う黒色食品に、大根、ネギ、山芋、蓮根などで肺大腸系を養う白色食品も併せておススメします!
また、日光不足を補うためにも、太陽エネルギーたっぷりの天日干しの乾物を1日一品でも良いので取り入れたいですね。
玄米も天日に掛け干しされたお米をなるべく選んでいただくといいです。
また、抗菌効果の高い梅干しや梅酢は年中のおススメですが、特に最近の感染症対策にも、お腹の中からの殺菌に役立つと思います。
以上、マクロビ理論や料理法を知り、実践するだけで、季節を楽に過ごして行けます。
皆さまもぜひ、実践してみてくださいね😊
関連記事